加齢臭や体臭の原因はいったいなに?

加齢臭の原因ってなに?加齢臭の理由は?

皮膚毛穴

加齢臭というのは40代ぐらいの中高年ぐらいから臭い出すと言われていますが、この原因はノネナールという成分。
ノネナールが出す臭いと本来の体臭や汗と混じって出る強烈な匂いが加齢臭と言われているものです。

 

私達の皮膚は肌の潤いを守るために皮脂腺という場所からでる脂肪酸でおおわれて守られています。
この皮脂腺から出てくる脂肪酸が細菌によって酸化、または発酵させられて作られる物質がノネナール
加齢によって皮脂線から出る脂肪酸を発散させる量が中高年から増えてくるためそれがノネナールを作り出し加齢臭の原因になります。

 

どうして加齢によってノネナールは増えるのか?

加齢によってノネナールが増え加齢臭が出てくる原因は新陳代謝の低下
若い人はノネナールを作ってしまう前に皮膚から出る脂肪酸を分解してしまう力が活発だからです。
しかし、中高年になると新陳代謝が低下してしまうので皮脂腺からでる脂肪酸を分解する量が減り結果的にノネナール物質が臭いとして発散されるようになるそうです。

 

なぜ男性の方が加齢臭が多いのか?

加齢臭男性

新陳代謝の低下によって起こってしまう加齢臭なら女性でも男性でもなってしまうのでは?と思いますがこれは女性でも男性でも同じようになります。
ただ、男性は女性よりも加齢臭の匂いが強烈です。
理由は男性ホルモンなどの動きで皮脂腺の動きが活発なため
活発に皮脂腺が動いているのでその分だけ脂肪酸が分泌されることになりノネナールが作られる原因になります。

 

 

新陳代謝の低下が原因によって起こることが多いので若い人でも食生活やストレス、睡眠不足などによって新陳代謝が低下してしまった場合はノネナールを作ってしまう可能性も十分にあるそうです。
若いから女性だからといっても加齢臭には油断禁物ですね。

 

ノネナール対策はどうすればいい?

 

ノネナールの原因は新陳代謝の低下というのはわかっているので運動をしたり、バランスの取れた食事をしたりして体を健康に若々しく保つといのがノネナールを出さない第一歩
でも加齢臭の臭いは生活改善で減少させていくには時間がかかるのでデオドラントや柿渋石鹸などでノネナールの原因となる皮脂の汚れをキレイに取り除いて殺菌、抗菌してあげることが効果的です。

 

 

 

購入ボタン