加齢臭は何歳ぐらいから出る?

加齢臭は何歳ぐらいから出るものか?

体臭男性

加齢臭の原因はノネナールという物質から発せられる臭いで
皮膚から出る汚れや脂肪酸から皮膚にいる細菌がノネナールという物質を作ってしまうのが原因です。

 

加齢臭が出てしまうのはノネナールを作り出してしまう脂肪酸や活性酸素を自浄作用で体の中から除去出来なくなるからというのが原因と言われているのですが、

 

2000年に加齢臭の原因ノネナールを発見した資生堂のリサーチでは、加齢臭の発生量が増える年歳は40代から急激に増えているという統計データを発表していました。

 

 

特に、30代後半までは一定の割合で加齢臭という悩みを持つ人が増えてきていたそうですが、40代を境に急激に増えていたので、加齢臭は平均して40代から増えてくると考えられるようになったそうです。

 

40代までは気にしなくていい?

 

40代から急激に加齢臭の悩みを持つ人が増えるので、じゃあ40代までは加齢臭にならないのか?と言われるとそうではないのが現実です。

 

活性酸素の増加により分解が出来なくなりそれが原因で脂肪酸の酸化によってノネナール分泌が増えるということはわかっています。
脂肪酸の酸化は40代からと言う人が多いだけで人間の体には個人差があるので全員が40代からということではないのです。

 

資生堂のリサーチ結果で出た年齢では30代後半でもジワリと増えてきていて、40代から爆発して一気に増えているだけ・・・
特に中性脂肪が多い中年太りの人や運動不足の人
睡眠不足やストレスの影響でも活性酸素が分解が出来なくなる原因になるし、個人差によって人よりも早めに加齢臭に悩む人も多いそうです。
あれ?ッと思ったら早めの対策をしておくことが大切ですね。