濃い柿渋石鹸に入っている消臭成分はなに?

濃い柿渋石鹸は何の成分で消臭してくれるのか?

濃い柿渋石鹸泡立ち

加齢臭対策ですごく効果があった濃い渋柿石鹸

 

実際に使ってすごく効果があるのはわかったのですが、ここまで加齢臭を無くしてくれるならどんな成分が消臭してくれるのか?

 

ちょっと興味が出てきたので調べてみました。

 

可能性的には無いと思いますが体に悪い化学薬品とか使われていたらイヤですから・・・

 

濃い柿渋石鹸には加齢臭の原因「ノネナール」の他の悪臭の原因も取り除くようにいろいろな成分を配合して作られているということみたいです。

 

 

消臭効果成分

京都柿渋

カキタンニン
柿渋の中に含まれるカキタンニン、これが非常に優れた殺菌効果があるということが某大学の研究によって立証されたのが渋柿を使った石鹸の始まりだったそうです。
渋柿エキスは酸化をケアし毛穴を引き締める効果があると言われているそうです。

 

ミョウバン

ミョウバン
みょうばん水という名前でなんとなく聞いたことはある成分
このミョウバンは石鹸やデオドラント系のスプレーに安心して使える成分としてよく使われているそうです。
最古のミョウバン使用者は古代ローマ人と言われていて防臭剤や制汗剤として日常的に使っていたぐらい昔からある天然素材なんだそうですよ。

皮脂の汚れ除去成分

薬用炭

薬用炭
洗顔ややパックでもお馴染みの炭、
炭には皮膚の汚れや皮脂を吸着してくれる力があると言われています。
毛穴が詰まってしまうことが多くてニキビになりやすい人も炭洗顔を使うことで毛穴の汚れがとれると人気なんだそうです。
この炭の成分が毛穴にある皮脂を取り除いてくれます。

 

イチョウ葉

イチョウ葉
イチョウ葉には複数の除菌効果があるフラボノイドというのが多量に含まれていて、実は洗浄効果としては加湿器や空気清浄機等
いろいろな除菌効果が必要な分野で使われているそうです。
化粧水にも使われていて、保湿効果や血行促進効果などさまざまな効果があるそうです。

臭い撃退

ヨモギ葉

ヨモギ葉エキス
おばあちゃんの知恵袋等で昔から怪我や打撲をしたらヨモギの葉をすりつぶして患部に貼るというのがありますが、ヨモギ葉には止血、殺菌、抗菌作用があると言われています。
ヨモギには貧血や肩こり、冷え性、消臭効果があるということは解明されています。今回の石鹸では主に消臭効果ッて感じでしょうね。

 

どくだみ

ドクダミエキス
このドクダミにはものすごい抗菌作用があるそうです。抗菌作用が強いのでニオイの元になる菌が発生しにくく、冷蔵庫や生ごみのゴミ箱にもちょっと忍ばせておくと、あの嫌な匂いもしなくなるほどだとか・・・
人の体にも使えば臭いの元になる最近を抑制する抗菌作用があるそうです。

 

 

シソ

シソエキス
シソにはアンモニアやアセトアルデヒドといった飲酒後に出てくる独特のあの臭いの消臭効果があるというのが実験で解明されているそうです。
シソエキスにはタバコ臭、飲酒後の口臭、普段の口臭、汗などに効果があることがすでにわかっているみたいで、体の消臭以外にも口臭対策にも使われているそうです。

保湿効果

アロエ

アロエベラ
やけどをしたらアロエベラを塗るというぐらいアロエベラには保湿効果が高い成分、スキンケア商品にもよく使われていますね。
濃い柿渋石鹸にもアロエベラが入っていてこの成分によって肌の潤いを保ってくれます。

 

 

アカヤジオウ

アカヤジオウ
聞いたことなかったのですが、アカヤジオウの根から抽出したエキスは昔から漢方薬人して使われているそうです。
肌に塗ると優れた保湿効果があるということはすでにわかっているそうです。

 

 

オウゴンエキス

オウゴンエキス
化粧品関係にはよく使われている成分なんだそうで、シソ科のコガネバナという根から取れるエキスのようです。
保湿や湿潤、消臭効果があると言われていて、さらに皮脂のニオイの元を出す男性ホルモンの抑制にも効果があるそうです。

肌荒れ抑制

ウコン根茎

ウコン根茎エキス
肌荒れを防ぐ消炎効果があることがわかっていて、一般的にはシャンプーやトリートメントに使われ、頭皮の炎症を防ぐという成分として使われているそうです。

 

 

 

 

いろんなものが入っていました。

濃い柿渋石鹸には大きく分けて加齢臭を取り除いてくれる成分がこれだけ入っています。
聞いたこと無いようなものもたくさんあったのですが、いろいろな部分で加齢臭を抑えてくれる効果がある成分が入っているみたいです。
純粋になんかすごいなぁ・・・・と
加齢臭を取り除いてくれるだけでなく、保湿や肌荒れ対策も考えて作られているのは使う側からすれば嬉しいですね。

 

 

 

購入サイトボタン