加齢臭は女性にもあるのはほんとうか?調べてみました。

加齢臭は女性にもあるってほんとう?

 

女性悩み

加齢臭は男性のイメージがありますが、女性にも加齢臭という臭いは出るし実際にあるそうです。

 

なぜ女性は加齢臭の話があまりでないのか?というと男性よりも女性ホルモンが多いためです。

 

女性ホルモンは皮膚の脂肪酸を抑えるのでニオイの元になるノネナールの量が男性に比べて少ないのです。

 

したがって、男性よりも加齢臭がする量が少なかったり、加齢臭がする年齢が男性よりも遅めだったりします。

 

多くの女性が加齢臭の臭いがして悩んでしまうのは閉経後、女性ホルモンの量が減ってしまいノネナールが増えてしまうことが多いそうです。

 

しかし、女性ホルモンの作用する個人差もあるし、女性ホルモンの減少も考えてみると女性でも男性とお内示ように40代から加齢臭がする可能性は十分にあるし、人によっては20代、30代から加齢臭がしてしまう女性も多くいます。

 

対策方法は?

女性驚き

香水や消臭剤で対策をしている女性はたくさんいるそうですが、香水の場合は加齢臭と混ざってますます強烈な臭い担ってしまう恐れもあるし
消臭剤は効果が切れたら体の皮膚に脂肪酸がたまっているのでノネナールを作り出してしまいます。

 

肉やジャンクフードなどの欧米食を控え和食中心の生活をしてノネナールが出る量を減らしたり
ノネナールの元になる脂肪酸をキレイに取り除いてくれる石鹸などを使って体の脂肪酸を減らしたりして対策するほうが効果が高いと考えられているようですよ。

 

特に肉(魚は除く)はノネナールが増える元になるのはわかっていて、肉系を中心の食事をするよりも脂肪酸を抑えるビタミン類やポリフェノールや食物繊維を中心にした食事を続けていくと早い人で数週間で加齢臭が余り臭わなくなったという話もあります。

 

 

 

ボタン